Posted by & filed under 実験.

このエントリーをはてなブックマークに追加

あまりニーズはないかと思われますが、例えばアハ体験のように対象物を数十秒かけて、ゆっくりじんわりと動かす時のtipsです。 まずはサンプルをご覧下さい。

このサンプルでは30fpsで30秒かけてちょうど30px移動しています。

ただトゥイーンさせているだけという素材そのものを活かした作りになっております。

ただトゥイーンさせているだけという素材そのものを活かした作りになっております。

・・・なんですが1pxごとにしか進まないような感じで、カクついた動きになってしまっているのがお分かりになりますでしょうか。 これを解消するためにはこの為だけにAS仕込むか、別途FLV化させるか、と悩んでいたのですが、とっても簡単な方法で解決することができました。


みなさんもよくご存知の「スムージング」。

ライブラリ上のビットマップを右クリック→「プロパティ」にあるコレ!

ライブラリ上のビットマップを右クリック→「プロパティ」にあるコレ!

これをポチっとチェックをいれるだけでほらこの通り。

画像のジャギー解消だけに有効なのかと思ったら、こんな使い方もあったんですね。 よく使ってた機能なだけにびっくりしました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by 試合に勝つ、とんかつに勝つ、の宇都宮正宗, 宇都宮(徳田)頼子. 宇都宮(徳田)頼子 said: ブログ書きました→【Flash】タイムラインですごくゆ〜〜っくり […]